照明器具や電球型のLEDを交換するときは、交換方法を知ろう

照明器具の進歩新たな照明器具とは

電球や照明交換方法

照明器具LEDや電球型LED交換で得られるメリット

LEDは「Light Emitting Diode」の略で、日本語では「発光ダイオード」といわれるものです。 日本では、3.11の電力危機も手伝って急激に家庭でも電力の省エネ化器具として照明器具LEDや電球型をLED交換することが進んでいます。 それでは、照明器具LEDや電球型のLED交換がどの様なメリットあるのでしょうか。 まず、最大のメリットが「省エネルギー」です。一般的にはLEDの消費電力量は、白熱電球の1/4〜1/5といわれております。 次に、「長寿命」です。白熱電球で寿命は1,000〜2,000時間、蛍光灯で6,000〜12,000時間程度といわれています。これに比べ照明器具LEDや電球型LEDの寿命は4〜6万時間と普通の使い方では、10年以上も交換しなくなり。「省エネルギー」「長寿命」のメリットを考えると、LED交換することのメリットは大きいことがわかります。

照明をLED電球に交換するまえに気をつけるポイント

LEDへの交換はそれほど難しいものでありませんが、場合によっては交換に失敗することが有るので、その注意ポイントを確認しましょう。 まず、口金のチックです。これは、従来の電球でも同じですが、ソケットの異なるサイズの口金を持つ電球を装着しようとしても無理な話です。しかし、普通の方は口金のサイズを把握しているとも限りませんので、よく確認してからLED交換をおすすめします。 次に、これは照明器具LEDにも当てはまることですが、「調光器対応」です通常のLEDは調光対応が出来ていない製品がほとんどです、よく対応の有無を調べて購入することをおすすめします。 最後に、LED電球は光の広がりに注意することです。初期のLED照明はほぼ真下しか照らせませんでした。最近のLED電球は、素子の工夫や電球のカバーの改良で光の広がりが広がってきましたが、製品ごとに特性が違いますので注意して下さい。

  • 工夫ができる

    メタルラックはサイズを簡単に変えることが出来ますし、工夫を加えるだけでより収納スペースを広げることが出来るのです。また、メタルラックは、カラーの種類が豊富にあるので、好きな色を選ぶことが出来ます。

    詳しく読む