照明器具や電球型のLEDを交換するときは、交換方法を知ろう

照明器具の進歩新たな照明器具とは

LED照明

LED照明への交換について。

現在省エネルギーを目指して作られた機器が増えています。特に照明機器については数多くの器具が開発、発売されています。その中で電球、蛍光灯と比較して省電力とされているのが照明器具LEDです。照明器具販売店の店頭には様々な種類の照明器具LEDが並び従来の物と交換することでメリットがあると謳われています。交換によりメリットを受けることはできますがそれにはいくつかの注意が必要です。LEDの光はそのものが発光しているために直進性が強く発光源の明るさが他の器具より強めに感じます。電球を例にとると電球の光はフィラメントが電流により発熱しその熱による発光を利用しています。直視した場合に電球の光が暖かみを感じるのはこのためです。また照明器具LEDを今まで使用していた器具に入れ替える場合そのままでは使用できない場合があります。形状は似ていても点灯管や安定器によっては使用できない物があるのでカタログや取扱説明に関する資料見るなど注意をして下さい。

照明器具をLEDに換えるメリットなど。

照明器具LEDに換えることで色々なメリットがあります。今まで使用していた電球や蛍光灯と入れ替えると同じ明るさを維持しつつ消費電力を低減できます。また長寿命であるため交換頻度が少なくなります。照明器具ごとLEDに交換すると製品によっては従来では困難であった幅広い調光機能が利用できるようになります。LED自体が小型軽量なため今までは取り付けが難しいとされていたスペースにも設置が可能になります。このようにメリットが数多くあるLEDですが設置する際に知っておくべきことがあります。一般にLEDは省エネルギー向きだと言われますが熱には比較邸弱い製品です。発熱することで光る電球や発熱量の少ない蛍光灯と比較して自体の発熱や周辺の反射熱には弱く寿命に影響します。市販の製品にはメーカーも対策を施していますが使用する際は使用環境にも配慮が必要です。カタログなどでメーカーの使用例を見てLED照明を活用しましょう。